富山湾岸クルージング

富山湾岸クルージングの概要

観光遊覧船キラリンに乗り、富山湾岸を約40分遊覧いたします。富山湾から望む立山連峰をはじめとした標高3,000m級の北アルプスの景色を是非ご観覧ください。

クルーズルートの見所

  • 早月川扇状地と河口から上流に架かる10の橋が重ならずに見える。
  • 能登半島の先が見えて、富山湾を実感。
  • 雄大な立山連峰(立山、剱岳、大日岳、毛勝三山など)
  • 海からの立山黒部ジオパーク
  • ほたるいか定置網(春~初夏)

運航日程

※平成30年度の運航詳細につきましては下記サイトにてご案内いたします。

 →WAVE滑川ホームページ

観光遊覧船キラリンの概要

船の名前は「キラリン」、滑川市のイメージアップキャラクターと同じ名前です。

全長17.78m、全幅4.08m、排水量18トン、定員40人。

最高速35~36ノット/h(64.8~66.7km/h)で航行することができます。

通常は12~20ノット/h(22~37km/h)で航行いたします。

定員

定員:40人

特徴

富山湾

最も深いところで水深1,000m以深に到達する富山湾は、立山連峰をはじめとした標高3,000m級の山々が連なる北アルプスからの高低差が4,000mで、世界的に類を見ない急峻な地形となっており「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟しています。この特異な地形の海底には、海の青さが一段と濃く見えることから「藍瓶(あいがめ)」と呼ばれる海底谷があり、富山湾の特産であるホタルイカやシロエビなどの生息地となっています。滑川のホタルイカ漁は漁場までの距離が近く、鮮度を保ったまま港に運べます。これがおいしさの秘密です

出典:とやま観光ナビ



立山黒部ジオパーク

日本ジオパークに認定された立山黒部ジオパークは富山県東部と富山湾を含むエリアを指します。滑川市の北東側を流れる早月川は、上流にある入会橋を扇の要とする早月川扇状地を形成しており、この大地と水のめぐりによって様々な動植物が息づいています。その急峻さは、早月川に架かる10本の橋が一望できるほどで、その先には雄大な立山連峰がそびえています。

出典:立山黒部ジオパーク


▲ページの先頭へ